きだログ

旅とか趣味とか、日常の他愛ない徒然を文章に・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
8月28日(日)に長野県の御岳山と王滝村で開催された


おんたけスカイレースに参戦してきました。


コースは全長37キロ(主催者発表)で、


御嶽山の麓にある王滝村公民館前のグラウンドをスタートし、


2200メートルの標高差を一気に駆け上がり、


山頂のお鉢巡りをした後、


再び大滝村まで2200メートルの標高差を駆け降りるというものです。


226151_1292778092_56large.jpg


高低図の通り、


このレースは大きくわけて5つの区間に分かれています。


第1関門までの舗装路&ゲレンデ登り区間、


第2関門までの御嶽登山区間、


第3関門までのお鉢めぐり区間、


第4関門までの御嶽下山区間、


ゴールまでのゲレンデ下り&舗装路区間です。


まずは第一関門までの区間ですが、


この日スタート地点に並んだランナーは約490名程だったようです。


その中でボクは久しぶりのレースだった事、


現在の自分の実力が分からなかった事などから


ほぼ最後尾からスタートする事にしましたが、


これは少しやり過ぎた失敗でした。


実際に後ろを見ると20人程のランナーしかいなかったので、


走り始めた時にはけっこう心細かったです。


でもスタートしてみるとこの位置でもみんなよく走るのでビックリ。


OSJってレベルが高いから最後尾でもみんな早いな~などと余計な事を考えながら、


だるい登りの舗装路を約3キロほど走り、


大又から林道へ。


林道へ入ると少し周りのペースが落ちてきたので


じわじわと気づかれないよう(誰にだ!!)に順位を上げて前方へ。


しばらく林道をつめたところで下の写真の滝に出て、


ここで渋滞・・・(この位置では仕方ない。。)


20110828080810.jpg


滝を渡り終えるとシングルトレイルになり一気に山の中へ。


この辺はまだまだ余裕(あたりまえか・・)


シングルトレイルを少し進むと、


ゲレンデを刈り込んだような道に入り、徐々に道は誰の目にもゲレンデに。


ここからは第一関門の田の原まで一気に登り。


この区間ではなるべく足を温存するべく足運びに注意しながら登る。


もうゲレンデ登りに嫌気がさした頃にやっと第一関門12キロ地点の田の原に到着。


ここにはエイドがあり、水、パワーバーの他、たしかバナナなども補給できます。


そして何よりも仲間と嫁さんが私設エイドとしてフルーツの差し入れ。


P1010983.jpg


初めてのレースでこの先どれだけのエイドがあるのか分からないので、


背中のハイドレーションを使わずにエイドでもらった水をコップでがぶ飲み。


さあ、ここでしんどいゲレンデ登りは終わり。


ここから先はもっとしんどい本格的な山登り区間に突入です。


トレイルは先程までのゲレンデとはガラリと変わって、


一般の登山者も混じる普通の登山道に。


予め昨年までの参加者のブログなどで予習した結果、


山頂まで登りきった後のお鉢巡りが辛い!との情報があったので、


山頂まではムリをせず、特別遅い選手以外はムリに抜かないように心掛ける。


が、最後尾からスタートしたので、


ここから先の区間は周囲のランナーにはかなり遅い方も目立ち始め、


狭いトレイルなので遅いランナーに後ろが詰まる最悪の展開の繰り返し。


あまり無駄な体力を使いたくはないけど、仕方なく足場の悪いところを使って抜く。


また抜く。


そしてまた抜く。


足を温存したいのに、こちらがムリをして抜かなければならないので、


精神的にもストレスが溜まります。(後ろからスタートした自分が悪い)


なにせ登り一辺倒、猛烈にしんどいけど我慢して一歩ずつ登り続ける。


それがゴールへの一番の近道。。


どこまでも続く登山道はほとんど修行の域です。


やがて山頂3067メートルの第二関門15.5キロ地点到着!


嬉しいけど、この先に待つのは登りと下りを繰り返しながら


3000メートル級のトレイルを行く、心臓やぶりのまさにスカイレース区間約6キロ。


すぐに気持ちを切り替えてスタート。


しかしこのお鉢巡り区間約6キロが本当にしんどい。


20110828121421.jpg


途中いくつかの池があり、それぞれに三ノ池、五ノ池などの名前がついているんだけど、


もう自分がどこを走っているのかなんて良く分からない。


とにかくもう1メートルだって登りたくない!


しかもこの区間では大粒の雨に打たれ、


二ノ池のエイドでは思わず愚痴を漏らす。


もう今日は辛いばっかりで面白いとこなんて一つもない・・・


そして再び山頂までの最後の登り返し。


ダメだ、止まりたい。


止まって膝に手をついて、水をがぶ飲みして・・・


いや、出来れば座り込んでしまいたい。


20110828113612.jpg


弱気になるたびに自分に言い聞かす。


この先何キロあったとしても、


どんなにキツイ登りがあっても、


1歩1歩を積み重ねていければ必ずゴール出来る。


止まらずに歩き続ければいい。


小さな一歩を積み重ねる以外にゴールへの道はないんだ。


必ずゴール出来るんだ!もう一歩もう一歩!!


再び第三関門21キロ地点の山頂に到着。


ここからはゴールまでの全コースほぼ100%下りのはず!


20110828133655.jpg


これぞスカイランナー!これぞスカイレースだ!


とはいえ足元は濡れた岩場の連続で神経を研ぎ澄ませて集中する。


集中、集中、転んだら大怪我間違いなしの危険区間だ。


慎重になるランナーを抜いてどんどんスピードを上げる。


が、途中で軽くミスコースした時に、


このレースでずっと僕の後ろを走り続けていた女性ランナーに抜かれる。


この人はおそらく第1関門からずっと僕の後ろをついてきた女性だ。


こちらも頑張って追いかけるが追いつかない。


こんな危険な下りを、とてつもないスピードでどんどんボクを引き離していく。


あっとゆうまに手の届かないところへ・・・(笑)


とはいえこちらも飛びまくり、走りまくり、抜きまくって


再び田の原の第4関門到着!


ここで水とバナナを補給する。


先に到着していた先程の女性と再びあったので軽く言葉を交わし


再び女性を追いかけるように出発。


残るは約13キロ!!


そして地獄のゲレンデ下り区間に突入。


勾配が急なので膝や筋肉にかかる負担がキツイ。


飛ばしたいが飛ばすと止まれない。


でも頑張る、飛ばす、飛ばす、飛ぶ、飛ぶ。


そうこうしてるうちに左の太ももが痙攣してきた。


あわてて塩アメを口に放り込むも時すでに遅し!


ここで左太ももが攣り、完全に終わる。


急勾配のゲレンデに立ち止まり、伸ばしたり曲げたりを繰り返してみるも、


なかなか左太ももの痙攣が治まらない。


もう愚痴しか出てこない。


ゲレンデは走るところではない、出来れば滑っていたい・・・


そこでまた先程抜いた女性に抜かれる。


ボクもなんとか足を引きずりながら再スタート。


頑張れオレ!頑張れ残り10㌔ちょっと!(のハズ)


女性ランナーが見えなくなってからは、


同じ顔ぶれの男性ランナーに抜きつ抜かれつしながらゴールを目指し再び下り。


もうとっくに終わってしまった重い両足をなんとか前に運びながら


最後の舗装路へ。


残り約5キロ!


ここから先がまた地獄。


ここで諦めさえしなければ、今ならまだ8時間代でゴール出来るかもしれない。


ゆっくりでも歩かない、止まらないようになんとか走る。


そして最後のエイドで水を頭と両膝にかけて再び走る。


スタートした大滝の村に戻ってきて思う。


もうゴールしたも同然だ!


やった!良く頑張ったオレ!おめでとう!!


自分の頭の中でゴールの時のガッツポーズをイメージする。


少し涙が出てくるぜ、よくやったオレ。


が・・・・・


ここからゴール地点の松原運動公園までの道路がとてつもなく長~~い。


前を行く選手も歩いたり再び走りだしたりとアップアップの模様。


なんとか走る。


もう普段歩くよりも遅いスピードで、それでも前のランナーを抜き走る。


川の向こうに運動公園の屋根が見えてきて、


川を渡る橋にさしかかったとき、


土手の上から手を振る嫁と仲間が見えて


こちらもサンバイザーを手にもち大きく手を振る。


頑張れオレ、あと10分。


運動公園を回り込む最後の登り。


ほぼ100%歩くランナー達を横目になんとかゆっくりでも走る。


そして最後のカーブを曲がり、


最後の力を振り絞ってラストスパートしたいけど、


もうどこにも力が入らない。


P1020004.jpg


それでも少しだけスピードを上げてなんとかゴール!!



ontake.jpg



もう目や鼻や口や、穴と言う穴からパワージェル味の涙が吹き出し、


心の中でこう思う。




もう2度と出ません。




ゴールして最初に頭に浮かんだ言葉です。


とはいえ、今回はハセツネへのトレーニングと位置付けて参加した大会なので、


ここで辛い思いを出来たというのは、


今、明らかに自分に足りないものを知るよい機会になったし、


もちろん反省点も沢山見えました。


もう2度と出ないと思うけど、


沿道で声援を送ってくれた方々、レースを主催したスタッフの方々、


仲間や嫁さん、高所まで重い荷物を担いで私設エイドをしてくれた


アツイ皆さんに心より御礼申し上げます。


ありがとうございました。














スポンサーサイト


下の写真なんだかわかりますか。




20110824175343.jpg




山をやってる方だとわかる方も多いかも。


正解はスノーピークの和武器です。


まあ正確に書くとスノピの和武器の片方の先端です。


そもそもスノーピークの和武器は


アウトドアショップで3800円くらいするから、


ただのお箸にしてはかなり高価な品物です。


割り箸なら200膳以上買える価格です。


そんな高価な和武器をボクも長い間愛用してきたのですが、


このたび誤って箸の先端部分をこれまた愛用のナイフで切り落としてしまい、


先端だけお取り寄せで購入しました。


890円です・・・


そもそもペアで890円かと思って、


高っかいな~~なんて思っていたら、


片方の先端の価格でした。


た、たかくないっすか?


スノーピークさん。


しかしエコは金がかかります。


この先も大切に使って行こうと思います。



相変わらずのキャンプ漬け生活を送っています。


ワンパックキャンピングとか言いながら、


少しづつザックに入らない道具も増やしています。


今回はこれ。


なんでもノースカロライナ州のデイビスじいさんが


一個一個、丹精込めて作っているとかいないとか。


20110814102425.jpg


Blue Ridge Chair Works ブルーリッジチェアワークス スモールBRチェアー



ロースタイルのいいところは


裸足で楽しめるラフさ。


芝生の上や、地面に直接敷いたラグに裸足で乗っかって、


地面により近い距離から夏の星空を見上げてみませんか?


そういえば花火観賞にもピッタリな角度だ・・・。


良いところは、まあまあ素敵でおしゃれちっく。


難点は角度が付いているので一度座ると立ち上がりづらいあたり。


作りは少し雑ですが価格は安め。


今週末は道志の森キャンプ場で仕事仲間達と合キャンです。











20110806162447.jpg



もちろん節電対策です。


週末は道志の森キャンプ場へワンパックキャンピング。


デイナのボムパックにはMSRツインブラザーズとハバハバの二つのテント、


マットにシュラフに調理器具、へクサライトオリジナルが2つ、


ミニテーブルまで、


節電対策に山で過ごすための装備全てが収まってます。


軽量コンパクトで軽いって素敵♪


新ビバリーヒルズ白書の中でも国語教師のライアンが言っていましたよ。


「必要最低限の荷物で楽しむところに意味があるんだよ。」的な事を・・・



20110807101656.jpg


背負ってるボムパックの中身を広げると・・・


こんな感じになります。


20110806160857.jpg



ちなみに今回は夏の虫さん対策として


ツインブラザーズの中にハバハバのメッシュのインナーテントを張りました。


(必要最低限かって??)


こうするとツインブラザーズの中には、


足を伸ばして寝転がれる程度の前室と、


ハバハバの向こう側に、


荷物を整理して置いておくことの出来る言わば後室も出来ます。


チョットふたりには広すぎるテントです。


20110806164629.jpg


今回はツインブラザーズの中にハバハバを張るので、


ツインブラザーズのサイド側を細引きで引っ張ってみましたが、


これでもハバハバではギリギリアウトな感じ。


中にハバハバの骨が見えてます。


もう少し上手く張ればピッタリと収まるのかもしれませんが、


あまりスマートではないので虫対策には蚊帳でも買います。


20110807101141.jpg


道志の森キャンプ場の場内には小川が流れていて、


川沿いにテントを張れば、より涼しい一夜を過ごせるはずです。


広いキャンプ場ですが、


良いサイトをゲットするにはそれなりに早く行かないとダメみたい。


みなさんもこの夏の節電対策にキャンプはいかがですか?















37年目の誕生日プレゼントはSUUNTO COREでした。


週末の登山やハイキング、


またはカジュアルにピッタリのヴェクターにするかコアにいするか迷ったんだけど、


けっきょくはスーツにも合わせられる?コアのオールブラックです。



20110803132134.jpg



毎日満員電車でアピールしてます。



あたし、山やってますんで!  (なんぢゃそりゃ)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。