FC2ブログ

きだログ

旅とか趣味とか、日常の他愛ない徒然を文章に・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |



先々月くらいから、


いつも大変お世話になっている仕事仲間の わたなべさん が、


はじめてのハワイ旅行へ行くと、2ヵ月も前から心を躍らせていたので、


いろいろとハワイのお話しをさせていただきながら、


最終的にはお土産をお願いしちゃいました。


そしてそのお土産が私の手元に届きました。


じゃぁ~ん・・・・・


COORS のコースター!!


丸い紙のコースターの中では、


モノ欲しげにボクを見つめる一人の水着美女が、


たぶんこう言っています。


ハイ!あなたこの辺りじゃ見ない顔ね、そのうえ南部訛り。


私に一杯おごらせて。


ジェニファーよ、テキサス出身なの。


あなたも同じ南部の出身でしょ?




20121029184658.jpg



なんだか頼んだモノと違うお土産でしたが、


おかげでコースターにハマってしまいそうです。。


ちなみに、


よく沖縄出身ですか?と聞かれますが、


私は神奈川県北部の出身ですので悪しからず。。





次回は先日行った会津駒ヶ岳のキリンテからの登山道を紹介します。





スポンサーサイト



信越が終わって早一ケ月。


ついに待っていたモノが届きました。


信越産の木材の板には、


SHINETSU FIVE MOUNTAINS TRAIL 110Km FINISHER の文字、


ロゴマークと共に、


名前、タイム、それからコースマップと高低図が彫りこまれ、


立てたり吊るしたりして飾る事が出来るようになっています。


これでやっと、ボクの信越五岳トレイルランニングレース110キロが


すべて終わりました。


人に自慢できるようなタイムではないですが、


このレースの辛かった思い出や、楽しかった思い出と一緒に、


大切にしていこうと思います。





shine.jpg










僕にとって5度目のハセツネが終わりました。


信越五岳110Kの疲れが抜けきらず、


さらに膝の痛みは相変わらずと、


良いとは言えないコンディションで迎えた今年のハセツネでしたが、


結果的には13時間代達成で、自己ベストを更新する大会となり、


なによりも71.5キロ、4600メートルの累積標高を誇るこの大会を、


自分なりに楽しく、力強く走り切ることができ、


本当に良かったと思っています。


ゴールして今、思うのは、


やはりハセツネはキツかった、という事です。


ただ今年は、初めて参加した、ウルトラディスタンスの信越五岳110Kを完走したお蔭で、


距離に対する慣れのような感覚があり、


71.5キロという距離は、過去に出場したハセツネほど、


長い距離ととらえずに走り切る事が出来たと思います。


もし一つだけ悔いが残るとすれば、スタート位置。


スタート直前にトイレに行き、


スタート地点についた時には時間ギリギリで、


かなり後方からのスタートになった事で、


第一関門の浅間峠までの渋滞に巻き込まれ、


序盤の第一関門までで、予定したペースより25分も遅い到着となってしまいました。


これはその後のペースが12時間代で走ったランナーと比べても遜色なかった事から、


とても残念な結果でした。


ただし、もしあと25分早く第一関門に到着していても、


その後を今回のタイムで走り切れたかと聞かれれば、


なんだか微妙な感じもするので、


きっとこれがハセツネ、これが今の僕の実力なんだろうと思います。


ハセツネ卒業を宣言して走った今回のレース。


終わってみればやはり、まだハセツネにやり残したことは沢山あり、


また走りたいような、いや、もう走りたくないような、


今はまだ、なんだかとても微妙な感情に襲われますが、


とりあえず来年はハセツネをお休みする予定で、


3つの大きな柱となる大会、


第1回伊豆松崎・修善寺間山岳競争大会(70K)


UTMF(160K)


信越五岳トレイルランニングレース(110K)へ向け、


また走り出したいと思います。


今年も遠くまで応援に駆けつけてくれた山仲間のみなさん、


本当にありがとうございました。








2012年の信越五岳トレイルレース110kが終わりました。


決して自慢できるようなタイムではなかったのは確かですが、


もし万が一、来年も走りたくなってしまった時のために、


備忘録として2012信越五岳110キロの装備を


ドロップバッグを使える5Aまで前半戦と、


それ以降ゴールまでの後半戦に分けて紹介しようと思います。


赤字は前後半変更なかった装備。


【スタート~5Aまで】


(キャップ)パタゴニア・バイザー(5Aでお役御免、ドロップバッグへ)
(サングラス)オークリー(5Aでドロップバッグへ)
      サロモンネックゲイター(日中の暑い時間はビチョビチョに濡らして頭に被るなど)
(ウエアー)サロモン・ジップTシャツ(5Aでドロップバッグへ)
      モンベル・ウインドウジャケット(未使用のまま5Aでドロップ、晴天なら必要ナシか)
      スキンズ・A400ハーフタイツ
      MHW・ランニングショーツ
      スキンズ・パワーソックス
      スマートウール・ランニングソックス

(シューズ)サロモンXT-SLAB5ノーマルソール
(補給食) ショッツ×6(カフェイン入り×3、カフェインナシ×3)全部消費
      VESPAプロ×1(スタート前に消費)
      スポーツ塩飴×4個くらい。(暇な時に口に入れて気分転換)
      スポーツ羊羹×1個(後半戦にもう1個あってもよかった)
(水筒)  ULTIMATE DIRECTIONハンドボトル×1(中身は水)
      ペットボトル×1
(予備の飲料や熱中症対策のかけ水として、
                   必要な区間だけ水を入れてザックへ)
(ザック)ルーファス


【5A~ゴール】

(キャップ)サロモンネックゲイター(夜は頭に被って使用。前後半通してかなり使えた)
(ウエアー)着替えMHW・ジップTシャツ(後半から着用)
      レインシャドージャケット(後半から着用。途中30分のみ着用)
      フラッドラッシュスキンメッシュ・ノースリーブ(後半から着用)
      スキンズ・A400ハーフタイツ
      MHW・ランニングショーツ      
      スキンズ・パワーソックス
      スマートウール・ランニングソックス
(足裏の怪我もあり後半も変えずに使用)
      フラッドラッシュアクティブスキン アームカバー(温度調節が容易でかなり使えた)
(シューズ)サロモンXT-SLAB5ノーマルソール
(補給食) ショッツ×6(カフェイン入り×3、カフェインナシ×3)半分消費
      VESPAプロ×2(要所で使用)
      スポーツ塩飴×4個くらい。(暇な時に口に入れて気分転換)
      レッドブル250ml(ドロップバッグに入れて5Aで飲んでゴミはドロップバッグへ)
(水筒)  ULTIMATE DIRECTIONハンドボトル×1(中身は水)
      ペットボトル×1
(必要のない時は空のままザックの中に入れるので、
               スリムで軽い自販機のペットボドルは重宝した)
(ザック)ルーファス
(ライト)ヘッド+ウエスト(ジェントス×2)


~装備の感想と反省などなど~

(ポイント1)水

スタートから5Aまでは、関川のある3A~4Aを除き、
ほとんどハンドボトル500mlで足りたが、
3A~の区間だけはザックに入れた空のペットボトル500mlに水を満タンにし、
ハンドボトルで足りない場合に飲むか、暑い時には頭からかけて暑さをしのいだ。
これで水に対する不安はほぼなくゴールまで行ける。
ただし、7A~8Aで疲れもあり、出来るだけ身軽にしたい思いと、
8Aまでの水はもう必要はないと計算し、予備で持ったペットボトルの中身の水(真水)を捨て
ハンドボトルの水だけに。
しかし8Aで空になったハンドボトルへの給水を忘れ、
水を持たずにリスタートする痛恨のミス。
気がついた時には、愕然とした。
幸いべスパプロ×1が残っていたのと、
この区間は夜で気温も下がったこと、また瑪瑙山で軽く雨が降ったので、
喉カラカラながらもギリギリ9Aのウォーターステーションまで辿りつけた。
エイドを出る際ではなく、エイドに着いたらすぐに水の補給を心がけた方がいい。
疲れている時などはなおさら。
ちなみに、今回ハイドレーションは使用はしなかったが、
エイド毎に気温や距離などから、必要分だけを給水したので、ハンドボトルの方が
給水量が分かりやすく、またその都度ザックを下ろさなくていいので、
ストレスがなかった。作戦としては大成功だったと思う。

あと・・・余談だが笹ヶ峰の牧場手前、スタッフがいるポイントには水道がある。
(これはスタッフが教えてくれた)
炎天下の中、信じられないような冷たい水が出てきて本当に嬉しかった。
ここで頭から冷水を被り、ハンドボトルの水を全部フレッシュな冷たい水に変えると、
しばらくの間、冷たい水を楽しむことが出来た。


(ポイント2)補給食

各エイドは食料が充実している。
よって固形物は小さなスポーツ羊羹を1個と、
スポーツ塩飴を前後半合わせて6~7個だけ持った。
(羊羹は2個あってもよかった。また、飴はとても良い。)
補給系はショッツを前後半合わせて6×6で12個用意した。
前半はちょうどいい量だったが、後半はその半分(3個)をザックにしまったため、
取りだすのが面倒くさくなって3個を消費しなかった。
疲れてくると少しの事が面倒になるので、
スグに手の届くところに装備するべきだった。
もう一つ、前日の説明会で、各エイドにある固形物をメモしておいた方がいい。
パワーバーなどは全てのエイドにあるが、
お蕎麦や笹ずしなど、次に何があるか分かると楽しみが増えて、
エイド間を走り切るモチベーションにもなる。

(ポイント3)寒さ対策

2012年は前半の暑さばかりが目立ったが、
僕のゴールタイム(21時間)辺りでは、
瑪瑙山での雨(少しだが)や強風、寒さなどもそこそこきつい。
確実にゴール出来る走力があるなら、
ウインドジャケットでもいいが、
自信がなければ後半はシェル必須。
万が一にも途中でリタイアした時の事を念頭におくのは、
ここが山である以上、自己責任において必要だ。

(ポイント4)ドロップバッグとライト

5Aのドロップバッグで上半身を着替えたのは大正解だった。
夜は寒くなるので、汗で濡れたウエアーでリスタートを切るのは
21時間ランナーにはキツイ。
また、フラッドラッシュスキンメッシュと同アームカバーを後半に用意したのは大正解だった。
着終えたウエアーとゴミなどは空になったドロップバッグに入れて
ドロップすればいい。
エイドでケアしてくれる応援やアシスタントがいない場合、
なんでもいいから好きなモノを1つドロップバッグに入れておくと、
凄くうれしい。僕の場合はレッドブルだった。
またライトは5AからでOKだったが、
関門時間ギリギリになるようなら軽いライトを1個は持ってスタートし、
ドロップバッグで後半使用するライトと変えてもいい。
ライトはヘッド+ウエストにし、
最高出力で照射せず、必要のない区間でこまめに消灯するなどして電池をもたせるようにした。
これで電池交換なしで走り切れた。
そしてなにより、ハンドライトを使用せず、
両手を空けたのは個人的には非常に良かったと思う。


(ポイント5)熊鈴

途中一人になる夜間走行区間も多く、
小心者の僕は夜間走行に区間で、熊注意の看板などを目にするたび、
常に熊の恐怖におびえていた。(秘密だけど)
でも熊鈴はうるさくて好きじゃない。
そんな時は情けないが熊鈴ランナーの近くで走った。
でも、やはり怖い人は自分で持って行った方がいい。(それでも僕は持たないと思うが)
ちなみに、第18回?のハセツネでもらった熊鈴は全く使えない。
あれは熊鈴と言うよりは風鈴だ。
小さく心地よい音色で自分が眠くなる。(真面目に持って行った自分が恥ずかしかった)

(ポイント6)ペース

レースは長いので前半の走れる区間で飛ばし過ぎず、
体力を温存するのは必要だが、完走目標で後ろからスタートするなら、
意外と関門時間が厳しい。
完走目標のランナーも、走れるところは走って、
後半に向けてタイムの貯金をすると、
気持ちに余裕が出る。
その程度の頑張りで後半の足が心配になるなら、
つまりは完走するだけの力が無かったということ。
前半は出来るだけジョグ、
でもやはり後半も我慢で走れる区間は走る。

(ポイント7)メンタル

諦めない。
走っている最中はネガティブな事は一切考えない。
A6過ぎれば、痛いの痒いのはみんな少なからずある。
ゴールするイメージをしっかりと持って、
あとは出来るだけ楽しく走り切る。
長いレースではリタイアする言い訳なんて次から次へと襲ってくる。
だからこそ、気持ちにリタイアの言い訳を入れるスキを自ら作らない。
ゼロ関門を突破して参加できた貴重なレース、楽しいと思えば気持ちが楽。
気持ちを楽に保つのは長いレースではとても重要な気がした。

また、登りはあそこまでなどと勝手に決めつけない。
僕は「まだまだ登りが続くんだろ~知ってるぜ~」などと心の中で呟いていた。
どこまででも登ってやるつもりでいると、
このレースの登りは意外ときつくない。
むしろ辛いのは下りやだらだらと続く林道だったりする。

余談だが、ゴール直前最後の林道約7キロで、
精神的にも体力的にもかなりキツイ区間がある。
そんな時、誰かの声で、ふっと夜空を見上げたら星がとても綺麗だった。
少しだけほっとして、とても幸せな気分になったのを記憶している。
最後の最後、ここまで来たら全部出し切ろう。



(総括)次回への課題

次回出るならば是非20時間を切りたい。
そのためのポイントは4つ。

1、戸隠神社の参道と6A~直後の舗装路を頑張って走る。
2、瑪瑙山山頂からゴールまでを全部走る。
3、関川を出来るだけ走る。
4、練習をする

ちなみに、これは全て来年以降の自分に対して書いている事です。
21時間ランナーが生意気なようですが、
そうゆう事なので読んじゃった方は、あまりきにせず、
自分のペースと作戦で頑張ってください。
また、そうは言っても2013年以降、この備忘録が少しでも役に立ったよ!なんて方がいれば、
是非教えていただけると嬉しいです。


信越五岳2012の記事

5m05710 - コピー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。